ロードランナー株式会社

5年程前に創業し、現在福岡県を拠点として急成長を続けている同社。 代表の杉沼氏が1人で始めた同社ですが、あらゆるデジタル広告の運用業で成果をあげ、着実に売上と会社規模を拡げていらっしゃいます。今回は、コアメンバーの皆様に急成長の要因を伺いました。

Squad beyond導入の3つのポイント

  • 1つの柱としての記事運用に必要だったツール
  • PDCAサイクルが速くなり、昨対400%を達成
  • ビヨンドは成長に必須の「業務効率化ツール」

岩手県出身。リテラシーが高く広告に積極的な福岡で起業した


代表取締役 杉沼氏

まずは、御社の事業内容や起業の背景を教えてください

前職からデジタルマーケティングに携わっていて、前職時代に福岡営業所を立ち上げる目的で福岡に来ました。元々は岩手県出身なのですが、福岡はデジタルへの理解もあるし広告に積極的だなと感じて。それで、この地で自分でやってみたいと思い、創業の地に福岡を選んで起業しました。

事業としては、元々ポイントサイトやアフィリエイトのASPを運営している会社にいたのでそれもやっていました。
そんな時、東京で流行り出していた記事広告を知ったのですが、当時の福岡では記事広告を運用している企業がまだ少なかったんです。そこで「まずはやってみよう!」ということでやってみたところ、すごい当たって拡張出来たんです。

最初はTumblrを使って記事をつくって出稿していましたね。

案件は健康食品がメインでしたが、それは今も続いていてSquad beyondもここで活用させてもらってます。

起業当初はお1人で始められたのですか?

そうですね。
1番最初は1人で始めて、後から仲間が増えてしばらくは3~4名で会社を回していました。

Squad beyond導入のきっかけは何だったのですか?

独立後、1つの柱として記事広告運用に力を入れるようになったときに、人数が少ないからより効率的に運用していく必要があったんですよね。それで、マッチするツールを探していた時に同業の会社さんのおすすめもあってビヨンドに出会いました。

それまでもツールは使っていたのですが、記事作成・ABテスト・ヒートマップが一つになっているサービスはなかったので、複数のツールをそれぞれで運用している状況でした。

その点ビヨンドでは記事作成も、ABテストもヒートマップもあって、その後のクリエイティブの検証も含めて1つのツールで出来るというのが衝撃で、とても便利だなと思いました。

ビヨンド導入で、ツール使用の標準化→業務効率化につながった

Squad beyondを導入して、社内でどんな変化がありましたか?

導入後の違和感は全然なかったですね。
もちろん初めてのツールだし、何ならこういったSaaSツールを本格的に使用するということが社内的にほぼ初めてでしたけど、1とか10からじゃなくてほとんど0の状態から始めたので逆にビヨンド色に染まれて良かったかなと(笑)

ビヨンドは、ABテストもファーストビューテストもみんな同じURLでの切り替えで出来ますし便利で操作も複雑じゃないので、違和感なく慣れることが出来たというところもありますね。

あとは、ビヨンドを使うことで記事作成の幅が拡がりました
以前のツールでは使える機能が制限されていたので記事の装飾があまり出来なかったのですが、今はビヨンドのウィジェット機能があるので装飾の幅がグッと拡がりました。
前は自分でコードを書けば出来ましたけど、それはちょっと手間で。ビヨンドのウィジェットはコードが書けない人でも簡単にパーツが作れるし、コードをかける人にっても作成が楽でいろんなことをすぐに試せます。
これを標準機能として用意して下さっているので、とても助かります。

業務効率化にもつながっています。
記事のコピー機能とか他にも色々と記事作成のスピードやクオリティが上がるような機能がたくさんありますし、出稿する媒体ごとに変えないといけない仕様も、全部ビヨンドがやってくれるのでその部分がかなり時短になっています。おかげで生み出せる時間が多くなりました。

一つ一つの機能がきれいにつながっていて、操作も簡単で動きがサクサクだし使うストレスが本当にないんですよね。機能ごとにそ別々のツールを使ってるとこうはいかないと思います。

とはいえ、前のツールの方が良かった点はありませんでしたか?

特にはないですかね。ビヨンドは何か要望があったとしてもchatbotやchatworkで連絡すれば、すぐに対応して機能追加してくれるので困る隙がないです(笑)

導入半年で、昨年対比売上400%を達成

Squad beyondを導入して、数字面での変化はありましたか?

肌感として数字が上がっている実感ももちろんありますし、具体的にも売上ベースで昨年対比400%アップしています。

400%もアップしていると、ツールというより御社のお力がかなり強いですよね・・・!

確かに頑張りましたが(笑)
でも、ビヨンドを導入したことで出来ることの幅が拡がったというのは本当に大きいですよ。
出稿した記事とクリエイティブとを紐づけてABテストが出来ることで、どの記事、どのクリエイティブが良かったのかが一目瞭然になって、傾向と対策が掴めるようになって速いPDCAを回すことが出来ています。これが出来ると、結果がすぐ見えることで記事を作るのも出すのも楽しくなってよりアグレッシブになれますよね。

レポーティングも、ワードプレスを使っていたりすると個人でデータを管理して、それをまとめて上司に報告することが一般的でしたが、ビヨンドだったら一覧で全員の運用進捗や結果が見えるじゃないですか。それによってナレッジも貯まるし、チームで動いている感覚がすごく持てるツールですよね。

ありがとうございます!
直近で売上がすごく伸びていますが、今後の展望はいかがですか?

記事広告運用の部分は、まだまだ伸ばしていけると思っています。
今はまだ案件自体が少ないし、案件を増やして当たる記事をたくさん出して勝率を上げていきたいです。そのためには、ビヨンドの力が必要です!
案件の拡大に伴って人員も増やしていきたいので、まだまだ頑張りたいですね。

ビヨンドは必須の「業務効率化ツール」

WEBディレクター 中尾氏

そんなSquad beyondを一言で表すとしたら、どんな言葉になりますか?

昨対400%を達成出来た「業務効率化ツール」ですね。
時短だけじゃなく、質も実も伴う業務効率化が出来るという意味です

他社におすすめするとしたら、どんな企業が良いと思いますか?

10~20名規模の会社さんとか良いと思いますよ。
そのくらいの規模の会社だと、レポートにしてもヒートマップにしても人やチームごとに違うツールを使っていたり、自社でワードプレスを作っているところが多いと思うのでそういう会社さんならかなりの利便性を感じられると思います。

利便性だけじゃなく、社内外の良い変化も確実に感じられると思います。
本当におすすめです!

昨対400%もの成長の一因に少しでもなれたのなら本当に嬉しいです。引き続き頑張ります!
本日はお時間をいただき、ありがとうございました。

※より詳細な活用事例はこちらのページより確認できます。

活用事例ページへ