「どんなLPが配信されているのか把握しきれていない」

Web広告においてメジャーな運用方法の1つに、広告の制作・配信・成果管理を広告代理店へ委託する方法があります。
近年、この運用方法でのリスクが浮き彫りになっています。広告代理店を用いた広告運用では、代理店側から広告主側への情報共有が十分になされていない状況が多く見受けられます。
広告主自身が、自分たちはどんな広告を配信しているのかを把握できていない状況はリスクが発生しやすくなっています。意図しない広告が配信され、結果としてブランドイメージに傷がつき得るのです。
実際Squad beyond導入以前にはトラブル対応に工数を取られていた企業様が多くいらっしゃいます。

Squad beyondで誇大広告から自社ブランドを守る【広告主向け】は、こちらからダウンロードいただけます。

資料ダウンロード

下記フォームにご入力ください。