【共感される】LP制作で大事なストーリー構成とは?

はじめに

売れる記事LPとそうでないLPにはどのような違いあるのでしょうか?

記事LPの最大の魅力はユーザーが抱えている問題に寄り添いながら、その課題解決の手段として商品やサービスをアピールできる点です。
通常のLPとは異なり、商品の魅力を一方的に伝えるのではなく、ユーザーへのメリットを発信します。また、商品やサービスの具体的な特徴にフォーカスしてユーザーに情報を届けることができるというのも記事LPのメリットです。

CVを獲得するために商品情報を全面に押し出している記事LPも多いですが、月間100万円以上の売り上げを出している記事LPに共通する点は、「ユーザーに寄り添ったストーリー展開」を行っているということです。

以下の記事では、ユーザーに寄り添った記事LPを制作するために必要となる「記事LPのストーリー構成」、「LPのデザイン」、「装飾の工夫」について詳しく解説していきます。

第1章 ストーリー構成(前半)

記事LPの構成は、大きく分けて4つあります。

記事LPは基本的にこのような流れで制作していきます。

次に、「共感されるLP制作」に不可欠なステップを一つ一つ見ていきましょう。

1. ファーストビュー

LPを訪れたユーザーがそのページに自分が欲しい情報があるか否かを判断するのにかける時間はたった3秒と言われています。また、ファーストビューでLPを離脱してしまうユーザーの割合は80%以上と言われています。
そのため、ファーストビューで優れたキャッチコピーを挿入しながら、商品の信頼・安心・効果を全て伝え
、ユーザーの気を引くことが重要になってきます。

ここで、ファーストビューに入れるべき要素をお伝えします。

  • キャッチコピー
  • 商品画像
  • 権威づけ
  • CVボタン

これらの4つの要素を入れて、商品の「信頼・安心・効果」をユーザーの心理に沿って伝えていきます。

ここでフォーストビュー離脱を避けるために必要不可欠となる、魅力的なキャッチコピーの作り方のコツを伝授します!
まず、この2つのコピーを読んでみてください。

①「ニキビ撃退!今なら2980円!」

②「芸能人も愛用中のスキンケアをご紹介♡」

①と②を比較した時、おそらく②の方が興味をそそられるのではないでしょうか?
①はセールス色が強くなってしまっているため、押し売りをされている感覚になってしまい、結果として多くのユーザーが離脱してしまう傾向があります。

②は権威性訴求と呼ばれるもので、芸能人の名前を出すことで、信頼をもたらすことができると同時に、ユーザーの願望を刺激し、関心を引くことができます。

 

2.  ターゲットの悩み・問題意識を掘り起こす

ユーザーは自身の悩みを解決したいという想いで広告をクリックし、記事LPに飛んできます。
ネット上ではあるものの、あたかも実店舗でお客さんの悩みを聞き出すかのように、LPでもユーザーと対話をしながら課題を提示する
必要があります。そのため、いきなり商品を提示するのではなく、相手の悩みをじっくりと語り起こし、「〇〇で困ってませんか?」と共感しながら相手との距離を近づける必要があります。

例えば、ダイエット商材を紹介する場合は、

  • 「食べることがとにかく好きだけど運動が苦手…」
  • 「最近、リモートで太ったな」

というようにユーザーに共感してもらえるような悩みを書くことが効果的です。

 

3. 商品の特徴・USPを伝える

次に、2.で提示した悩みの原因を特定し、その特定した原因に対する対処法として商品やサービスを提示します。ここで大切なのは、ユーザー目線でベネフィットを伝えるということです。過度な売り込みをしてしまうと、「広告らしさ」が出てユーザーが離脱してしまう可能性が高くなります。

ユーザーの購買意欲を高めることが目的なため、商品の情報を一方的に伝えるだけでなく、ユーザーにとって有益な情報を盛り込む必要があります。そして、情報の割合は、「商品のPR情報:ユーザーに有益な情報=3:7 」が最適だと言われています。そのため、商品に直接関係なくてもユーザーに有益な情報はなるべく多く掲載した方が効果的です!

その一例として、「◯◯成分配合!」とだけ記載するのではなく、「シミ対策に効果的な〇〇成分配合!」と書くことで、ユーザーにとってのメリットを提示することができます。
そのほかにも、ニキビ対策の商品の場合も、「
ニキビの再発防止に有効な〇〇成分をたっぷり配合!」と書くほうがユーザーの心に刺さります。

 

次に、商品のUSP (Unique selling point) を明記します。
これを記載することで、なぜ他ではなくこの商品でなければいけないのかということをユーザーに伝えることができます。USPを考える際は、似たような競合商品にはない特徴を書きます。例えば、以下のダイエット商品のUSPには他の競合商品にはない「フレーバー展開」を推し出しています。


4. 商品の信頼度を示す(実験結果・提供元・製造者)

商品の信頼度を上げるためには、以下のような客観的なデータを記載することが効果的です。

  • 実績紹介
  • 根拠のあるデータ(公共機関が公表しているデータ等)
  • 権威のある方の推奨
  • 知名度の高い提供元・製造者

これらの情報を入れることで、一つ前で紹介した商品の特徴や効果の裏付けを行います。このように、その道の権威ある専門家の意見や、実験結果を定量的に示すことでユーザーの不安を解消することができます。

また、商品の提供元を示すことも重要なポイントです。大手製薬会社が開発した商品の場合は、既に企業のブランディングが確立されている場合が多いため、企業名を記事LPに入れることでユーザーに安心感を与えることができます。

 

第2章 ストーリー構成(後半)

5. 体験者の声・クチコミ

数値やデータを用いてユーザーを説得させようとしても、「本当に効果あるのかな…」と心配になってしまいます。そこで、第三者の声を掲載することで、商品やサービスに対する客観的な評価を知ってもらい、安心感をもたらすことができます。

初めて購入する商品に対して不信感や不安を感じている人に安心感をもたらすために効果的なのが、具体的なクチコミを書くことです!

ここで、クチコミの事例を二つご紹介します!

(クチコミ1)

(クチコミ2)

このように、クチコミには「私もこうなれるかも」という安心をもたらす効果が期待できます。

 

6. よくある質問

よくある質問を掲載しておくことでユーザーの悩みをあらかじめ解決しておくことができます。
記事LPによくある質問を載せておくことで、わざわざ商品LPに飛ばなくてもその場でユーザーの疑問や不安を解消することができます。

 

7. お得なオファーや限定感で行動を促す

最後までLPを読んでくれたユーザーは商品を購入する可能性が高いです。ですが、ここで今、ユーザーが商品を買わなければいいけない理由を明確に提示する必要があります。その一番効果的な方法は「緊急性を高める」ということです。

具体的には、数量・時間・特典などで今しか手に入らないという緊急性を出すことです。例えば、

  • 「数量限定!特別価格 ¥15000→¥7000」
  • 「初回限定プレゼント!今なら豪華プレゼント付き!」
  • 「\ 急いで!無くなり次第終了/ 今なら500円でお試し♡」
  • 「予約殺到中!初回特別価格2,420円→2,300円」

など、このようにユーザーの行動を駆り立てる言葉を使用し、今買わなければいけない理由を提示することでユーザーの行動を促進することができます。

 

第3章 デザインを工夫

次に、売れる記事LPに共通する「読みやすい」デザインのコツを5つご紹介します。

1. 見出しを頻繁に入れる

→見出しが多く入っていることで最下部まで読み込まなくても大体の内容をつかめるようになります。また、ユーザーにとって見やすく、内容を把握しやすい記事LPはブランドのイメージ向上にもつながります。

2. 文字サイズ、ハイライトで強調させる

記事LPは基本的に斜め読みをされるものです。そのため、フォントサイズを変えてメリハリをつけることで、強調すべきポイントを明確に示すことができます。

3. 行間は広めにとる

4. 3行に1回に頻度で画像を入れる

→読み手にイメージしてもらいやすいように画像をバランスよく入れるようにしましょう。一方で、画像ばかりだと何を伝えたいのかが分かりにくくなってしまいます。そこで、意識して欲しいのが3行に1回の頻度で画像を入れるということです。

 

第4章 Squad beyondのウィジェット機能

「SNS風のクチコミを使いたいけど、どのようにコードを書けばいいか分からない…」と思われている方が多いのではないでしょうか。先ほどご紹介した装飾を記事に入れるためには複雑なHTMLコードなどを使わなけれべいけなく、時間と手間がかかってしまいます。

 

ここで、コーディング知識不要で記事LPを制作できるSquad beyondというツールをご紹介します!

Squad beyondはWeb広告運用に必要なツールが全て一つにまとまっているツールになります。その中でも、本日は記事エディターと呼ばれる機能について解説していきます!

(Squad beyond 記事編集画面)

 

Squad beyondで記事を制作する最大のメリットは、HTMLコードやCSSコード、Java Scriptを使用せずにLPを制作できることです。直接文字を打ち込み、画像を挿入することが可能なため、直感的なUIでLP制作を行うことができます。

そして、もう一つ特筆すべき点は、「ウィジェット」と呼ばれる装飾機能です。先ほどのSNS風クチコミや見出しの装飾なども全てこのウィジェットと呼ばれる機能を使用して制作しました。そのため、HTMLコードなどは一切使用していません!

ここで実際に標準装備されているウィジェットをいくつかご紹介します。

  • 見出し
  • 囲み枠
  • アンケート機能
  • 遷移ボタン
  • アクション(ワンクリックで文字や画像に動きを加えられます)

(吹き出し装飾)

(遷移ボタン)

(アンケート機能)

 

Squad beyondには、このようなウィジェットが300種類以上標準搭載されており、完全定額制で使い放題となっています!

 

Squad beyondには、その他にもここではご紹介しきれなかった機能がいくつもあります。詳しい説明はぜひ以下リンクをご参照ください!

 

第5章 まとめ

今回は【ユーザーに共感してもらえる】LP制作に大切なストーリー構成をご紹介しました!

記事LP制作において一番大切なことはユーザーに有益な情報を与えるということです。ユーザーが抱えている悩みや不安を解消させるためにはどのような情報を提供すればいいのかを考えながらLPの構成を考える必要があります。

Squad beyondには豊富なウィジェット(装飾)機能以外にも、Web広告運用を効率的に行うための機能がオールインワンで全て揃っています。ABテストやレポート作成に時間を取られている人もSquad beyondなら全て倍以上のスピードで行うことが可能です!

 

また、Squad beyondを導入することによって具体的にどのような課題が解決されるのか…と疑問に思われている方必読!Squad beyondを導入したことによって業務課題が解決された実際の事例を12選公開中です!

 

LP制作や広告運用に課題を感じている人は、ぜひ下記リンクから一度お問い合わせください。