ASPって何?利用の仕組みから選び方まで

そもそもASPとは

ASPとはアフィリエイトサービスプロバイダーの略です。

基本的にはクライアント(広告主)からの依頼を受け、アフィリエイターに依頼する、仲介のような役割を担っています。

 

ASP利用のメリット

ASPはアフィリエイターと広告主、双方にメリットのあるシステムです。

それぞれのメリットについてみていきましょう。
アフィリエイターはサイトから直接広告の掲載提案をする必要がないということです。
ASP サイトを探すだけで掲載したい広告を見つけることができ、少ない手間で広告を掲載することができます。
また、管理画面や、エディターなどが充実していたり、ASPによってはコンサルがついたり、初心者セミナーを開催しているところもあります。
一方、広告主は自社でシステム開発を行ったり、市販のソフトを導入するコストや手間を抑えることができます。
また、先ほども述べたようにASPを利用した広告は成果報酬型なので、広告費の無駄なコストも抑えることができます。

ASP利用の流れ

アフィリエイターがASPを利用して報酬を得るまでの手順は以下の通りです。

  1. ASPに登録
  2. アフィリエイターが媒体にアフィリエイト広告を掲載
  3. サイト訪問者がその広告経由で商品を購入したら、成果報酬が発生。
  4. その成果報酬は広告料として広告主よりASPが回収し、期日が来たら報酬としてアフィリエイターの口座に振込。

 

ASPごとの特徴

ASPにはそれぞれ特徴があります。アフィリエイターさんの経験値、何を売るのか、収入はいくら欲しいのかによって登録するべきASPは変わっていきます。

以下は、ASPの特徴の一例を表にまとめたものです。



しかし、たくさんのASPがある中で、どの基準でどのASPを選ぶべきかは難しいです。
新たにASPに登録しようとしているAさん、Bさん、CさんにはそれぞれどのASPが適しているでしょうか。

a社は案件数が多く、入会時の審査がなく、アクセスがほとんどないブログやWebサイトでも登録が可能なため、Aさんのような初心者がアフィリエイトを始める場合にオススメのASPです。

b社はユーザーが広告をクリックしてその場で商品購入をしない場合でも、その期間内であれば、広告経由の成果として認められる再訪問期間があります。また、最低支払額が1円からのため、成果が出たらすぐに報酬を得ることができます。入会審査があり、美容ジャンルが多いため、ある程度実績のあるBさんのような女性のアフィリエイターにオススメです。

c社は報酬額が高いことが特徴です。しかし、案件として人気のある金融を得意ジャンルとしているため、ある程度実績のあるCさんのようなアフィリエイターさんにオススメです。

その他のASP

今回紹介したのはいずれもオープンASPと呼ばれるもので、審査はありますが誰でも登録することができます。このオープンASPとは別にクローズドASPと呼ばれるものがあります。これは、ASP側からのスカウトや紹介などがないと登録することができません。その分オープンASPとは違うメリットもあります。このクローズドASPに関しては、別記事で詳しく紹介していきたいと思います。

まとめ

この記事ではASPについて解説をしていきました。
選び方のポイントなどを紹介してきましたが、実際にASPへの登録をしてから分かってくることが多くあります。アフィリエイトビジネスを始めていくなら気になるASPに登録をしてみましょう。