【外注する前に知りたい】 一般的なコーディングの方法とは?

コーディングを外注している方必読!

「いつもコーディングを外注してるけど、そもそもコーディングってどういう仕組みなのかよくわかってない」
こんなふうに思っている方も多いのではないでしょうか。

基本的なコーディング知識を身につけておくだけで、コーダーとよりスムーズな連携を取ることが可能になると同時に、おおよその完成期間も把握することが可能になるため、業務効率を上げることが出来ます!

以下の記事では、「コーディングとは何か」、「外注にかかるコスト」、「コーディングなしのLP制作」を中心にわかりやすくコーディングについて解説していきます。

 

 

第1章 そもそもコーディングとは?(HTML, CSS, JavaScriptの特徴・難易度比較)

1. コーディングとは?

コーディングとはコンピュータに指示や命令を出すことです。

LPのデザインが出来上がったら、次は実際にインターネット上に公開するためにコーディングという作業を行います。LPを実際にWeb上で表現させるときに必要となる作業で、LP内のボタンやリンクをクリックしたら指示通りに移動し、デバイスごとに画面サイズを調整してくれるようにLPを組み立てる作業のことを指します。

よくプログラミングとコーディングを混同してしまう人がいますが、コーディングとは「プログラミング言語を使ってソースコードを作成すること」です。その一方、プログラミングとは「プログラムを作成する作業」を指すため、コーディングはプログラミング作業の一部になります。

そして、しっかりとコーディングされたLPやWebサイトはGoogleなどの検索エンジンで見つかりやすくなります。そのため、コーディングルールを守りながら質の高いLPを制作することが大切になってきます。

 

2. コーディングの種類

次にコーディングの具体的をサンプル共に3つご紹介します。

1. HTML(難易度:☆☆☆☆)=骨組み

一番基本となる土台を作るための言語で、HTMLは文章の構成を指示する役割を果たしてLPの見た目を作ってくれます。文章をタグで囲って意味付けをすることからマークアップ言語とも呼ばれています。

 

次に具体的な例をご紹介します。

<完成形>

【外注する前に知りたい】一般的なコーディングの方法とは?

コーディングとはコンピュータに指示や命令を出すことです。

この記事のタイトルと本文を区別させるために、HTMLを使用します。

 

<HTMLを使用してマークアップ>

<h1>【外注する前に知りたい】一般的なコーディングの方法とは?</h1>

<p>コーディングとはコンピュータに指示や命令を出すことです。</p>

このように、HTMLを使って記事の土台となる構造を作成していきます。ここで作成した文章はまだ仮の状態なため、次にCSSと呼ばれるコーディング言語でスタイルの指定や文字のサイズなどを変更していきます。

 

2. CSS(難易度:★★☆☆☆)=装飾

CSSとは、カスケーディングスタイルシートの略で、HTMLで制作した文書に装飾を加える役割を果たします。
例えば、HTMLで作成したLPのタイトルを黒色から赤色に変更したり、文字の大きさを変えたりすることができます。

1.で紹介した記事の例に色や加え、文字サイズを大きくするためには、以下のようにスタイル指定を行います。

 

<完成形>

【外注する前に知りたい】一般的なコーディングの方法とは?

コーディングとはコンピュータに指示や命令を出すことです。

このように、タイトルの文字サイズを大きくして、本文テキストを赤色に指定します。

 

<CSSを使用してスタイル指定>

h1 { font-size: 30px;}

p{color: red;}

このようにCSSでコーディングすることでHTMLで作成したものに装飾を加えることができます。
特に動きのないLPを制作するなら、HTMLとCSSで十分ですが、LPに動きを出したい場合はJavaScriptが必要になってきます。

 

3. JavaScript(難易度:★★☆☆☆)=動作

人気急上昇中のJavaScriptの特徴は、「簡単なのに、できることが多い」ことで、JavaScriptを使用することで、ブラウザ上で動く記事を作成することが可能になるため、記事のデザインや使い心地、利便性を向上させるに不可欠となっています。


例えば、ページの最上部まで戻ってくれるページの右下にある便利なボタンもJavaScriptで作られています。
JavaScriptはその他にも、Webアプリやスマホアプリの開発、ゲームの開発など、幅広い分野で使用されています。

次に、JavaScriptを使用したLPの一部分をご紹介します。

 

<完成形>

(実際は赤い枠が点滅しています)

このように、商品の受付状況を表示させるためには、以下のようなコーディングが必要となります。

 

<JavaScriptを使用して動きを演出>

<script>

    /* 日付 */

    function stockDate() {

        let target = document.querySelectorAll(‘.stock-information .term’); /* 対象のclass */

        let timeIs = new Date();

        let thisMonth = timeIs.getMonth() + 1;

        let setMonth = thisMonth – target.length + 1;

        if (setMonth < 1) {

            setMonth = setMonth + 12;

        }

        target.forEach(function(element) {

            element.innerText = setMonth + ‘月入荷分’;

          ・

          ・

          ・

このように、JavaScriptを使用することで、複雑な動きも表現することが可能になり、ユーザーとWebサイトの相互間のスムーズなやりとりを実現することが可能になります。

 

第2章 コーディングのコストと期間?(コーダーに依頼する手間)

1. コーディングの相場

平均的なコーディング依頼の費用は1万円から8万円と言われていますが、どの制作会社にどのくらいの規模のLPを依頼するかによって値段が大きく変わってきます。中小規模のWeb制作会社の場合は10万円程度、フリーランスに依頼する場合は5万円程度と言われています。また、最近ではコーディングに特化した代行業者も増えてきており、これらの業者は専門性が高く、品質が安定しているのが特徴です。

 

  • 中小規模の制作会社へ依頼する場合

   費用相場:20万円-80万円 / Webサイト
   制作期間:1ヶ月〜2ヶ月

  • フリーランスへ依頼する場合

   費用相場:5000円~ / ページ
   制作期間:1週間〜1ヶ月

  • コーディング代行会社へ依頼する場合

   費用相場:1万円~1.5万円 / ページ
   制作期間:1週間〜1ヶ月

そのため、予算に余裕がありデザインにこだわったLPを制作したい場合は大手制作会社へ、より少ない費用で複数のLPを一気に制作したい場合は中小制作会社へ、安い価格で素早く完成させたい場合はフリーランスへ依頼するのがおすすめです。

 

2. コーディングを外注するメリット・デメリット

コーディングには専門的な知識が必要となるためLPのコーディングを外注する企業も多いと思いますが、次はコーディングを外注するメリットとデメリットについて解説します。

 

コーディングを外注するメリット

  • 高いクオリティのLPが制作できる
  • 社内の業務負担を減らせる
  • 教育・雇用コストを抑えられる


コーディングを外注するデメリット

  • 外注をする手間がかかる上に、スピードにばらつきがある
  • コストがかかる
  • 急な変更や修正に対応できない
  • 望んでいた仕上がりになるとは限らない

このように、高いノウハウとスキルを持つ外注先へ依頼することで、質の高いLPを制作することが可能になる一方、その分外注先探し、見積り依頼、見積り比較などといった手続きに時間が取られてしまうというデメリットがあります。

そこで、コストを抑えながら「初心者」でもスピーディーにLPを制作できるツールをご紹介します!

 

第3章 Squad beyondなら、全くのコーディング未経験者でもLP制作可能

1. コーディングなしでLP制作

Squad beyondならコーディング知識が一切ない人でも数時間でLPを制作することができます。

通常ならば、HTMLやJavaScriptを使用してコーディングを行う必要がありますが、Squad beyondの場合、直接文字を打ち込み、画像を挿入することが可能なため、直感的なUIでLPを制作することができます。

 

そのため、HTML知識がない人でもLP制作が可能となり、社内の記事流通量を大幅に増やすことができます。

 

2. 装飾機能

CSSやJavaScriptを使わなくても「ウィジェット」と呼ばれる機能を使うことで記事に動きや装飾をつけることができます。
ウィジェット機能には、アンケートや会話風の吹き出しなど、300種類を超える装飾が標準搭載されており、全て完全定額制で使い放題となっています。

ここで実際に標準装備されているウィジェットをいくつかご紹介します。

  • 見出し
  • 囲み枠
  • アンケート機能
  • 遷移ボタン
  • アクション(ワンクリックで文字や画像に動きを加えられます)
  • クチコミ

など、本来ならば複雑なコーディングを行わなければいけない装飾もワンクリックで挿入することが可能になります!
これは、「クチコミ」ウィジェットの参考写真です。

 

また、Squad beyondを使っていくうちに「こんな装飾が欲しい…」と感じた時は、無償で制作依頼を頼むことができます。これまで制作してきたウィジェットのうち約7割は導入企業の依頼を受けて作成したものです。依頼内容にもよりますが、基本的に3~4日という驚くべきスピードで実装されています!

 

3. ワンクリックで複製

Squad beyondでは記事をワンクリックで複製することが可能です。普段ならば、HTMLコードを全てコピーし直し、画像を一つ一つ手作業で差し替えなければいけず、記事の複製に多くの時間を取られていました。

 

しかし、Squad beyondでは「複製」ボタンを一つ押すだけで、画像などを含めて記事をまるまる複製することができるため、より少ない時間でより多くのLPを制作することが可能になります。

 

4. コーディングでのLP制作

これまで、Squad beyondではコーディングを一切使わずにLPを制作することが可能だとご紹介してきましたが、もちろんHTMLやCSSコード、JavaScriptを使用することも可能です。
自分のやりやすさに合わせてコーディングか直打ちかを選べるため、よりスムーズなLP制作を行うことが可能となります。

 

そして、今までコーディングで制作していたLPをSquad beyondに移す際も、HTMLコードなどをそのまま貼り付けれるだけで移行することができるため、余計な手間がかかりません。

 

第4章 事例紹介

次に、実際にSquad beyondを導入しているお客様の意見をご紹介します。

5年ほど前に創業し、デジタル広告運用で成果をあげ、急成長を続けているR社。以前使用していたツールでは使える機能が制限されていたため、LPの装飾が単一的になってしまっていました。また、コードを書くのが手間となっていた上に、コードを書けない人は記事作成に関わることができない状況でした。

<Sqaud beyond導入後>

Squad beyondを使い始めたことにより、「記事作成の幅」が拡がりました。Beyondのウィジェット機能を使用することで装飾の幅が一気に拡がり、クオリティの高いLPを制作することが可能になりました。

また、Beyondを使用することで、コードを書けない人でも簡単にLP作成が可能となり、記事の流通量が大幅に増えました。

さらに、Squad beyondの特徴は対応が速く、サポート体制がしっかりしていること。お客様の声に最大限応えるべく、ユーザーの要望に寄り添った機能が日々どんどん加えられています。

他にも、R社のようにSquad beyondを導入したことによって業務課題が解決された実際の事例を12選公開しています!

 

第5章 まとめ

今回はLP制作に必要不可欠なコーディングの基本的な知識とSquad beyondのLP制作機能をを紹介させていただきました。
商品の購入や資料請求、問い合わせなどのCV獲得に直結するLPをハイクオリティかつ速いスピードで制作することを実現させるために、beyondはお客様の要望に迅速に対応し、日々使いやすさを求めて進化し続けています。

 

毎回コーディングを外注している人やコーダーを雇おうとしている人も、Squad beyondを導入することによって社内で簡単にLPを制作することが可能になり、外注するコストと手間を省くことができます。さらには、記事の複製もワンクリックで行えるため、LPに改善を加える時間も短縮することが可能になります。

 

コーディングが不要なLP制作機能以外にも、Squad beyondにはWeb広告運用を効率的に行うための機能がオールインワンで全て揃っています。ABテストやレポート作成に時間を取られている人もSquad beyondなら全て倍以上のスピードで行うことが可能です!

LP制作や広告運用に課題を感じている人は、ぜひ一度お問い合わせください。