Web広告運用に欠かせないLP制作の期間や相場を徹底比較!

「自社のLP作りたいけどやり方が分からない…」
そんな皆さんの声にお答えして、本記事では具体的なLP作成工程から、相場や期間に至るまで、この一本でLP制作の全てが分かるように細かく解説しています!

LP作成って何?どうやるの?

LPとランディングページ(Landing Page)の略であり、Web広告業界では広く利用されている用語です。
Web広告を用いて自社のサービスや商材普及、販売したいときには


バナー▶記事LP▶LP▶サンクスページ


という方法で集客をしていくのが最も一般的です。

広告効果を最大限発揮するためにはどれも欠かせません。

まだWeb広告運用を始めていない方のためにそれぞれを詳しく見ていきましょう。

 

Web広告に必要なもの

バナー

バナーもしくはクリエイティブと呼ばれ、有料広告を配信する際に顧客が一番初めに目にする画像のことを指します。一般的には画像を複数パターン用意し配信することで広告効果を比較、検討し、効果が高かった藻を引き続き配信していきます。
バナー広告の他にも、画像の変わりに動画を配信するインバナー広告や、コンテンツを検索した際に、そのコンテンツに関連した広告が表示されるリスティング広告など幅広い種類の広告が日々配信されています。

記事LP(省略される場合もあります。)

記事LPはバナーを見て商材やサービスに興味を持ったユーザーがバナーをクリックすることで最初にアクセスするページです。自社で取り扱っているサービスや商材を第三者が利用したときにどのような効果があったかを記事形式で紹介していくことでコンテンツへの理解を深め、顧客数の増加につなげることを目的としています。
(記事の内容によっては記事LPを設置しない直LPと呼ばれる配信設計やもあります。)記事LP内にアンケート項目を配置したり、サービスの魅力がより伝わるように装飾を施すなど、多種多様な工夫が施されています。

LP

記事LPを呼んだユーザーに対して、サービスの資料請求や商品の購入を促すためのものがLPです。
企業によっては記事LPを設置せず、バナーからサービス説明、商品概要などのページに直接遷移させる直LPと呼ばれるものを利用している場合もあります。LPには、画像や装飾の他に顧客が情報を打ち込む申し込みフォームなども存在します。大きい括りで考えると記事LPもLPの一種と捉えることが可能で、他にも漫画LPなど多くの種類がありますが、本記事ではわかりやすく記事LPとLPを分けて表記しています。

 

サンクスページ

顧客がサービスへの申込み、商品の購入を行った際に到達する最後のページです。

 


次に本記事のメインテーマであるLP作成の方法について見ていきましょう。

 

LP制作方法

LP制作と記事LP制作に共通して必要な要素は大きく分けて下の4つです。

    1. LPの構成案
    2. デザイン
    3. コーディング
    4. 運用・改善

ではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

 

1.LPの構成案

自社のサービスや商材に関して、LPの大まかな構成を作成していきます。その際、自社でLPの構成を決めたり、ライターと呼ばれる記事LPを作る専門の人に依頼し構成を練ってもらう場合もあります。サービスや商材の強みを上手く表現しながら顧客のサービス導入や商材の購入を促進するようなLPの大まかな構成を作成していきます。

2.デザイン

LPの大まかな構成が完成したら、いよいよLPのデザインを作成していきます。
記事LPの場合、ライターに作成を依頼すると、構成案の作成からデザインまでを行ってもらえます。逆に、一般的なサービス紹介などのLPに関しては、構成案を自社で作成し、デザイナーにLPのデザインを依頼したり、LP制作を行う広告代理店などにデザインまで全て依頼するという方法が主流となっています。

3.コーディング

LPのデザインが完成したら、コーディングという作業が必要になります。(HTMLコード等で作成する場合)デザインが完成しても実際にWeb上で公開する際にはコーダーと呼ばれる人が、HTMLやCSSと呼ばれるコードを用いて、Webサイト上に実装します。画像や文字の配置、LP内のボタンなどにおけるエフェクトなど、デザイナーが作成した原案をWeb上で忠実に反映させる作業です。デザイナー、コーダーともに専門的な知識と経験が必要になるため、はじめてLP作る多くの人が外部の専門的な人々や企業に委託をしています。

 

4運用・改善

デザインとコーディングが終わり、Web上でLPを公開できたとしても、それで終わりではありません。どれだけ時間とお金をかけて作成したLPであっても、ユーザーの反応が悪ければ、そのLPは良くないLPとして扱われてしまいます。

この成果が低いLPを、テストを行いながら改善し続け、最終的に成果の高いLPへと変えることが運用と呼ばれるものです。(LPに限らずバナー等もテストを繰り返しながらユーザーの反応が良いバナーを探していきます。)これらを大きな括りで広告運用と呼びます。
LPで運用を行っていく場合、前述した通りデザイナーへの依頼、更にはコーダーーへの依頼が必要になり、工数とコストの両方がかかってしますうことが難点です。

さらに運用を行うためには、LPが増えるにつれてタグの設置やURLの管理が必要になってきます。
これを怠ると、現在どのLPが配信されていて、どれが成果が良いのか、悪いのかの判別がつかなくなってしまいます。
LPの管理は広告運用者にとって悩みのタネになりがちですが、今までの方法では、Excelなどの表計算ソフト上で管理する方法が一般常識となっています。


 

以上がLPの作成に関する大まかな流れになります。

単に一つのページを作るのにも、実はたくさんの人が関わりながら作成していく必要があるんです。

 

では次に、実際にLPを作る場合に必要な制作期間をLP作成に関する相場ごとに見ていきましょう。

 

一般的なLP作成の期間と相場

LP制作の場合

a.10万円以下
  • 個人の制作会社、フリーランス
    • 相場としては最も安い価格帯です。構成は基本的に自社で行い、デザインとコーディングだけ外部で依頼したい場合や、LPを公開したあとに自分でLPの改善等を行いたい場合、更には格安でいいのでとにかくLPを量産したい場合にも利用されます。

 

  • 製作期間:1週間~1ヶ月
    • 10万円以下の相場では単純な構造のLPも多く、納品にかかる時間も比較的短くなります。しかし、デザインがテンプレートに当てはめただけのものも多く、基本的に改善サポートなどもついていないので、あまり初めての利用には向いていない価格帯になります。

 

b.10万~30万円
  • 中小規模の制作会社、実績があるフリーランス
    • LP制作の外注の中で最もメジャーな価格帯です。構成に関して細かく依頼することが可能になることで、テンプレートとは異なるオリジナルのLP制作が可能です。

 

  • 製作期間:2週間~1.5ヶ月
    • 10万~30万円の相場では、10万円の相場と比較してコンテンツにこだわった作成をする場合もあるため、最低でも2週間、長くて1.5ヶ月ほど制作にかかる場合があります。
    • しかし、LPの配信後に改善するために追加料金がかかったり、配信後の改善が出来ない場合もあるため、注意が必要です。

 

c.30万から~
  • 中規模、大手制作会社
    • 相場の中では最も高価な価格帯です。LPを用いた本格的な広告運用が可能になります。構成からデザイン、コンテンツに至るまで細部に拘ったLPの作成が一番の魅力です。

 

  • 製作期間:1.5ヶ月~3ヶ月
    • 30万~の相場では、他の相場と比較しても細部まで拘ったデザインとプランニングになるため、製作にかかる時間も長くなりがちです。資金面でも負担は多く、企画から配信までの時間もかかるので、依頼する側も大手企業である割合が高いです。

 

記事LPの場合

  • フリーランスの方に依頼し業務委託する際には
    • 基本的に1週間ほどの製作期間
    • ライターの今までの成果に応じて4万~10万円で推移

という料金体系です。

 

誰でもLPが作れて運用もやり放題?今話題のSquad beyondとは?

 

ここまで本記事を読んでくださった皆さん。朗報です。
「本格的なLPを作りたいけど、自社にリソースがない。。。」
「外注しようにもコスト面が心配。。。」
そんな方々に是非ともオススメしたいのが、このSquad beyondです。

 

Squad beyond ダッシュボード画面

Squad beyond(以下beyond)なら、誰でも簡単に本格的なLP制作が可能です。
従来のコーディングによるLPの作成はもちろんのこと、コーディング等の知識がない人でもbeyondに標準搭載されている200種以上の装飾を使うことで、ノーコード(HTMLなどを使わない方法)でプロ並みのLPが出来上がります!ウィジェットの中には、ボタンやアンケート機能などの王道のものからLP上で計算結果が出せるようなニッチなものまで幅広く取り扱っています。更に約一週間に一つのペースで、ユーザーからの依頼をもとに新しい装飾が作成されるため、今後ますます出来ることが広がっていきます!

 

さらにbeyondの注目すべき特徴すべき点はボタン一つでLPの複製が完了することにあります。

 

今までのコーディングによるLPでは、複製のためにHTMLコードやCSSコードを全てコピー&ペーストして別のLPとして作成する必要があり、作成してからも、タグやユニークなURLを設定する必要がありました。
しかし、Squad beyondを使うことにより、HTMLコードで作成しているものもノーコードで作成したものも全てボタン一つで複製可能なんです!


ヒートマップやレポートも標準搭載されているから、Squad beyondさえあれば他のツールは必要ありません。
今まで1本10万円以上をかけてLPを作成し、運用のために新しいLPを逐一依頼、完成まで待つ必要があった工程が、全て一つのツール上で完結してしまうんです!

 

これだけの機能が揃って、Squad beyondは月々10万円~利用できます。
毎月10万円のLPを1本外注する値段で、今までにないスピード感で制作、運用が可能になると考えれば、圧倒的にお得です!

 

事例紹介

実際にSquad beyondを導入していただいたお客様の中で、コスト削減の事例をご紹介します。


Squad beyond導入前

自社商材の通信販売を行っていたとある企業では、新規顧客増加のためにLP作成を外注していました。
自社商材の宣伝のためにとにかく大量のLPを外注し、広告配信を行う施策をとっていましたが、はじめは顧客が獲得できていたLPも次第に尻すぼみに。。。

LP制作会社にはLPの改善プランなどは用意されておらず、自社でのLP改善を試みましたがあえなく失敗。闇雲に増やしすぎてしまったLPの管理にも追われるようになり肝心の運用が出来ないという悪循環に陥ってしまいました。自社での運用を続けるか、代理店に依頼するかの瀬戸際でSquad beyondの情報を耳にし、導入。自社での運用を再開しました。

Squad beyond導入後

配信中の記事LPを全てbeyond内に移管し、それぞれを複製した上で様々なテストを行いました。
大量のURLやタグの管理に追われる必要性がなくなり、本格的な運用が出来るようになりました。
更にヒートマップツールやレポートを活用することでLP内の改善点が明確になり、自社運用の体制が確立されました。

その結果、今まで有効活用できなかったLPもテストによって再び効果が現れるようになり、最終的なリード獲得CPAの30%削減に成功しました。
今まで外注していた制作事業や、ヒートマップなどへのコスト削減にも繋がり、導入前よりも費用対効果の高い制作、運用が可能になっています。

このように、Squad beyondの導入がいままでになかったような広告運用を実現している例が12種類掲載されている事例集も公開中です!↓


 

これからLP制作を始める方、今のLP制作、運用をもっと効率化させられないかと考えている方、Squad beyondはそんなすべてのWeb広告に関わる人にとって新しいインフラになることを目指しています。

日々お客様のご要望に合わせ、装飾だけにとどまらず新しい機能が随時追加されています。
Squad beyondはお客様の声と共に成長しています。

 

本記事をご覧の皆さんも、Squad beyondを導入して、今までにないスピード感でLP制作、広告運用を始めましょう。