1.初めに

「広告運用をやりたいけどLP作成ツールが多すぎてどれを選べば良いかわからない」
「今使っているツールが本当に適切なのかわからない」
「依頼しているLPを自社で作れるようにしたい」
「LP作成に時間が掛かりすぎる」

このような悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか。
LP作成をしているけど成果に繋がらず、悩んでいる方にも参考にしていただきたいです。

広告運用において、LP作成は必ず必要です。しかし、どんなに時間をかけて作ったLPでも成果がでなければ意味がありません。だとすると短時間で簡単にLPが作成できたり、成果が出せるツールを使いたいですよね。

そこで今回は、「LP作成ツールが多すぎてどれを選べば良いかわからない」という人のために一般的な作成の流れや、選ぶポイントを紹介していきます。

1.一般的なLP作成の流れ

事前にLP作成の流れを知らなければ適切な作成ツールを選ぶことができません。そこで、まずLP作成の流れを見ていこうと思います!

2-1.案件を決める

LPを作成するにあたり、最初に着手することは案件を決めることです。言うまでもありませんが、LPの目的は販売する商品の成果を上げることです。ですから案件がなければLPを作成することができません。

案件を決めてから次に進んでいきます!

2-2.明確なターゲット

次にその商品やサービスを売るターゲットを明確にしていきます。
LINEやgoogleなどの媒体から訪れたターゲットを購入まで誘導するためには、「そのターゲットが求めているもの」や、「そのターゲットが悩んでいること」を事前に把握しておく必要があります。

悩みなどを把握することができなければ顧客から共感や信用を勝ち取ることができません。そのためにLP作成にはターゲット設定が重要になります。

・年齢、年代、性別
・職業
・収入
・趣味
・悩み

これらはターゲットを設定する際に使う代表的な項目です。
ただし、重要なのはその商品やサービスに関係のある項目を設定していくことです。

たとえば、育毛関連の商材で学歴や出身は一切関係ありません。このように関連が薄い項目を設定してもターゲットの悩みなどを明確にすることはできません。

2-3.訴求ポイントを見つける

LP作成において、「その商品やサービスは他の商品と何が違うのか」、「その商品を購入することで得られるメリットは何か」を明確にすることが必要になります。そのためにその商品やサービスを訴求ポイントを書き出していきます。

例えば、ダイエット商材などであれば「他社にはない〇〇成分を使っている」、「三冠達成」などです。その商品やサービスの独自性を明確にすることができれば、購入するための明確な理由にすることができます。

また、その商品やサービスの訴求だけでなく、「どのような未来が手に入るか」を明確にできる文書を見つけることができれば、その鮮明なイメージを引き出すことができ、ターゲットの読み進める意欲を向上させることができます!

例えば、ダイエット商材であれば「痩せることでモテる」、「お洒落な服が着れる」といったような痩せることだけでなく、その後に明確なものがあるとイメージが湧きやすいLPを作成することができます。

2-4.構成を考える

ターゲットや訴求ポイントが決まれば、タイトルと構成を考えていきます。
構成は、友達におすすめの商品を伝えるイメージで作成していくと綺麗なLPを作成することができます。その後に、文章や画像などを作成していきます。

ここで気を付けたいのが、フォントや、色ずかいです。その商品にあったフォントや色をつかわないと全く雰囲気の違うLPができてしまいます。また、文字だけでななく、画像などでも大きく印象が異なることもあります。ここの段階で制作会社などに依頼をすることもできます。
しかし、依頼をするとなると資金がかかるため、安く抑えることはできなくなります。

2-5.コーディングを行う

文章やデザイン、画像などが決まれば、実際にインターネット上でLPを閲覧できるように「コーディング」を行っていきます。

HTMLという言語を利用し、コーディングを行っていきます。しかし、この「コーディング」をチームにできる人がいなければ依頼するしかありません。経験のない人が自力でやろうとすると反映しなかったり、思うようなデザインができないといったことが起こります。特にLPの場合、1ページに情報を詰め込むため、表示速度が低下するといったケースもあります。

また、コーディングの確認をしたのにデザインが崩れているというケースも起こります。その原因として特定のブラウザでは崩れてなくても他のブラウザでは崩れるといったケースもあります。最低でも2つ以上のブラウザをチェックする必要があります。

しかし、ツールによってはコーディングができなくてもLPを作成することが可能になります。

 

3.LP作成ツールを選ぶポイント

これまでLP作成の流れを見て行きましたが、次にLP作成ツールを選ぶポイントに行く前に作成ツールを使うメリットとデメリットについて見ていきます。

3-1.LP作成ツールのメリット

・専門的な知識が不要

LP作成ツールは、プログラミングやコーディング、デザインなどの専門的な知識がない人でも簡単にLPの作成を行うことができます。テキストや画像を差し込むだけで完成するものや、テンプレートが決まっているものなどLP作成ツールにも様々なものがあります。

・改善がしやすい

ツールを使うことで、自社でLPの改善が可能になるため、スピーディーに対応することができます。制作会社などに依頼している場合であれば、指示をし、改善などを行うため、改善するまでの時間が掛かります。迅速に対応できることはツールを使うメリットです。

・費用削減

LP作成ツールは、制作会社などに依頼するより、低コストで作成することができます。広告運用をする際には、LP作成ツールだけでなく、他の部分にも費用がかかってくるのでできるだけコストをかけたくありません。

3-2.LP作成ツールのデメリット

・テンプレートが決まっている

LP作成ツールによっては、テンプレートが決められており、製作者が思うようなデザインにできない可能性もあります。そのほかにも、デザインをするためには追加料金を支払うといったようなツールもあります。

・広告運用するために多くのツールを使う

LP作成しかできないツールであれば、広告運用をするために、ヒートマップ やレポートツールといった他のツールを何個も使う事になります。

3-3.選ぶポイント

次に、LP作成ツールのメリット・デメリットを踏まえた上でツールを選ぶ際にどのような部分がポイントか見ていきます。

ツールを使う際に費用ばかり気にして機能が使いづらかったらツールを導入した意味がないですよね。そうならないためにもポイントを抑えていきます。

・機能は良いか

デザインの機能や、文字の色などどのような機能が使えるのかを確認する必要があります。また、明確に使いたい機能がある場合には、それがそのツールについているかを確認しなければいけません。

LP作成する際の機能も重要ですが、広告運用、改善に必要な機能が備わっているかも大切です。複数のツールを使いこなすので難しいし、コストの掛かりますよね。

・使いやすさ

LP作成初心者の場合、直感的に操作方法がわかるようなツールを選ぶことが重要です。

例えば、海外製のツールを使用した際に、言語が変えることができず、日本語に対応していないものもあるので注意が必要です。

使いやすさは、無料プランや、お試し期間を利用して確認することができます。

・サポート体制

LP作成にないれていない人は、何かあった時にサポート体制が整っていれば緊急時でも対応できます。また、サポート体制が整っていれば安心して作成に取り組むことができます。

また、LP作成後の運用方法に対するアドバイスや、サポートを行ってこれるツールもありますそのサポートの内容はツールによってもサポート体制が様々なので確認する必要があります。

初めて運用をする人などは、作成後のサポートがあるだけで安心ですよね!

・費用の確認

LP作成ツールには、無料プランなどもありますが、テンプレートや機能などに制限があるため継続的に使っていくには限度があります。また、有料プランでもツールによって料金が異なるので使いたいツールを継続的に使い続けることができるかも検討していかなければいけません。

これらのポイントを踏まえながらLP作成ツールを検討していく必要があります。

4.初心者でも簡単に作れるツール『beyond』

これまで、LP作成ツールを選ぶポイントを見て行きましたが、最後に初心者でも簡単に無数のLPを一瞬で作れる『Squad beyond』というサービスを紹介します!

LP作成ツールで悩んでいるならこのツールを試して欲しいです。ここでは、そのbeyondというサービスを紹介していきます。

4-1.誰でもできるLP作成

beyondでは、誰でも簡単にLPを作成することができます。LP作成初心者の方でも迷うことなく、簡単に操作ができ、作成することが可能です。

LPを作成する際には、HTMLなどのコーディングが必要になりますが、このツールではコーディングを行わなくても、LPの中に直接文字や、画像を差し込むことができます。

作成方法は、直接LPに文字や画像を差し込むだけでなく、HTMLやCSSを使ってコーディングを行うことも可能です。

4-2.プロが作ったかのような装飾

このツールでは、ツールの中にある「widget」という機能を使えば、装飾もプロのプログラマーや、デザイナーにも劣らない装飾を作成することができます。

widgetでは、主に口コミや、見出し、アンケートなど200種類以上の装飾を上限なく使うことができます。口コミだけでも複数のスタイルがあり、画像とテキストを差し替えるだけで簡単に口コミを作成することができます。

また、beyondでは、必要な装飾を制作依頼することができます。制作中に、ぱっと思いついたデザインでも対応できるのがbeyondです。

4-3.1クリックで複製可能

beyondではボタン1つでLPの複製を行うことが可能です。
広告運用をしていく際にABテストをし、最適化をしていきますがABテストをおこなうためには、複数のLPが必要になります。

一般的にLPの複製には、新しいURLを設定し、既存のHTMLなどのコードをコピーし、新しいページに貼り付けていくという工程でした。しかし、beyondではそれを1クリックだけで複製をすることができます。なので、一瞬で無数のABテスト用のLPを作成することが可能になります。

4-4.beyondレポート

beyondではLP作成だけでなく運用後のレポート機能もついています。
レポート作業に多忙な時間を使っている方も多いのではないでしょうか。これまでレポート作業に使っていた時間を一瞬でbeyondが作成してくれます。

これまで取られていた時間をLP作成や、クリエイティブ作成に時間を使うことが可能になります。

4-5.ヒートマップ 

さらに、beyondではヒートマップ ツールもついています。ユーザーの離脱率や、どこをクリックしたなど詳細な情報を把握することが可能です。
ヒートマップ ツールを使うことでユーザーの反応を見ながらLPの改善などをオンタイムで行うことが可能です。

beyondではLP作成ツールだけではなく、広告運用時のレポート作業や、解析、ヒートマップが一つになったツールになっています。beyondを使うだけで他のツールは必要なく、beyondだけで広告運用が成り立つようになっています。

beyondでは、すべてが定額制になっているのでレポート機能や、ヒートマップ をいくら使っても料金は変化しません。すべての機能を定額で使うことができます。

LP作成ツールだけでなく、すべてがこれ1つで解決できるツールになっています。

 

5.まとめ

いかがだったでしょうか。

これまでLP作成ツールが選べない方にLP作成の流れからツールを選ぶポイント、自社のSquad beyondというサービスについて紹介していきました。

beyondは、初心者でも簡単にLP制作ができ、それだけではなく、このツール1つで広告運用ができるようになっています。成果が出せず、困っている方や、制作ツールを検討している方にはぜひ、使って体験していただきたい、ツールになっています。

もし、少しでも興味を持っていただいたら、是非一度、お問い合わせください。